プロフィール

natasho

Author:natasho
国民健康保険 名田庄診療所
中村伸一


施設名称 :
国民健康保険名田庄診療所
開設年月 : 1955年7月
所在地 :
福井県大飯郡おおい町名田庄下6-1
管理者 : 所長 中村伸一
診療科目 :
内科、胃腸科、消化器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、皮膚科
併設施設 :
「あっとほ~むいきいき館」内に、診療所のほか、歯科診療所、訪問・通所介護事業所、国保総合保健施設、住民のための多目的室、町役場の支所などを併設。



すべて手書きの電子カルテ ドクターボード
電子カルテのドクターボード
医療施設向け紙カルテ同様の手書き入力可能が導入されているポイント

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 9月22日からの8日間、被災地の支援に行ってきました。前半は登米市と南三陸町でした。
 直接被害を被ったのは、海沿いの南三陸町です。 登米市は内陸に位置し、震災の影響はあったものの、津波による直接の被害はありませんでした。
 最初に支援に行ったのは、登米市内の診療所でした。南三陸町から津波の被災者が避難してきたため、診療所の業務量はいっきに増えたそうです。案の定、とても患者さんが多く、午前中で60人も診察しました。常勤の先生方の負担を軽減できたなら、少しはお役に立てたのかもしれません。
 次に行ったのは、南三陸町の仮設診療所です。ここは、公立志津川病院が再開させたプレハブの診療所です。
 志津川病院の被害は悲惨でした。5階建ての病院のうち4階まで津波に飲み込まれてしまい、300名が屋上や5階に避難しましたが、患者を避難させようとした職員が3名、入院患者109名のうち74名が死亡しました。
 危機的な状況の中で、内科医の菅野武医師(31歳・自治医科大学卒)は屋上などに避難した患者さんたちの診療にあたり、震災3日後に自分が救出されるまで医療行為を続けました。その後、出産のため仙台市内にいた奥さんの元に駆けつけ、お子さんを授かった感動的なニュースは世界中に発信されました。彼は米国タイム誌で「世界でもっとも影響力のある100人」に選ばれています。
 菅野医師ほど知られてはいませんが、超人的な働きぶりで震災後の医療をコーディネートし、仮設診療所の開設を指揮したのは、同院内科部長の西澤匡史医師(38歳・自治医科大学卒)でした。
 現地で西澤先生から直接聴いた話は、次回につづきます。

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。