プロフィール

natasho

Author:natasho
国民健康保険 名田庄診療所
中村伸一


施設名称 :
国民健康保険名田庄診療所
開設年月 : 1955年7月
所在地 :
福井県大飯郡おおい町名田庄下6-1
管理者 : 所長 中村伸一
診療科目 :
内科、胃腸科、消化器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、皮膚科
併設施設 :
「あっとほ~むいきいき館」内に、診療所のほか、歯科診療所、訪問・通所介護事業所、国保総合保健施設、住民のための多目的室、町役場の支所などを併設。



すべて手書きの電子カルテ ドクターボード
電子カルテのドクターボード
医療施設向け紙カルテ同様の手書き入力可能が導入されているポイント

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

 朝日新聞出版の「アエラAERA」8月15日号の「現代の肖像」で私が取り上げられています。

 しかしこの記事には、とんでもない“間違い”が見られます。アエラは真面目なテーマを取り上げる硬派な雑誌という印象があり、好感を持っていただけに、ちょっと残念です。せっかく真面目に良い報道をしていても、一つの記事だけでもこんなに明確な事実誤認があると、全体の信憑性さえ揺らぎかねませんよね。“一事が万事”でなければいいのですが。。。

 一方、今回のことで、私はこれまでいかに良心的で優秀な記者や編集者に恵まれていたかが、よくわかりました。過去に丁寧な取材、対応をしてくださったジャーナリストのみなさんに、とても感謝しています。

 これまでの取材された中での最高傑作は、朝日新聞社の浅井文和さんによるbeフロントランナーの記事でした。
  http://doraku.asahi.com/hito/runner2/110418.html
 記事の評価に関しては、自分に有利な内容かどうかは関係ありません。以下の四点から判断しました。
  (1)内容の正確さ
  (2)取材対象者(=私)および取材した相手(=私の知人等)への配慮
  (3)人間に対する愛情(ヒューマニティ)
  (4)想定される、読者および社会への影響

 浅井さんの記事を100点とすると、今回のアエラは何点になるのでしょうか?

 (2)(3)(4)は、私個人の感覚なので、(1)に関してのみ、つまり事実に反する部分の指摘を次回に書き込みます。

コメント

感想ですけど(苦笑

beフロントランナーの記事は、事実が整然と書かれているようですが、記事の裏側にすごく愛がありますねぇ。記者さんの今まで生きてきて持った、思想、姿勢、先に求める理想とかも見えるように感じた。

ま、中村先生の写真もカッコいいので(笑。
最高傑作?

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP