プロフィール

natasho

Author:natasho
国民健康保険 名田庄診療所
中村伸一


施設名称 :
国民健康保険名田庄診療所
開設年月 : 1955年7月
所在地 :
福井県大飯郡おおい町名田庄下6-1
管理者 : 所長 中村伸一
診療科目 :
内科、胃腸科、消化器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、皮膚科
併設施設 :
「あっとほ~むいきいき館」内に、診療所のほか、歯科診療所、訪問・通所介護事業所、国保総合保健施設、住民のための多目的室、町役場の支所などを併設。



すべて手書きの電子カルテ ドクターボード
電子カルテのドクターボード
医療施設向け紙カルテ同様の手書き入力可能が導入されているポイント

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

 福井県おおい町が観測史上最多の大雨であったとニュースで流れています。多くの方から「大丈夫?」と、連絡をいただきました。ありがとうございます。
 今朝は、福井市から名田庄に向かったのですが、その途中の運転はなかなかスリリングな展開でした。
 まずは、北陸自動車道が「武生ー木之本」間で通行止めでした。このくらいでは、めげません。
 武生ICを降りて、国道8号線を敦賀に向かい、まずまずのスピードで、予想より早く敦賀を無事に通過。国道27号線を美浜、三方と走り、いよいよ上中に。。。というところで、なんと渋滞!しかも、まったく動きそうにありません。そこで、バイパスである広域農道(若狭梅街道)に入って、ようやく上中に入ったところで、道路がみごとに冠水! 田んぼのあぜ道には、縦に突き刺ささっている軽トラがあり、危険な状況でした(汗)。
 「もう、だめだ」と思ったときに、目についたのが、ひとつ前を走っている軽トラでした。その軽トラは、すばやくクルッとターンして、反対車線を走り出しました。そのとき「この軽トラに着いていこう」と思いついたのです。迷いなくターンして、きびきび走り出す軽トラのドライバーは、おそらくこの土地に慣れている人に違いないと感じたからです。
 その軽トラを必死で追いました。冠水した道路、決壊寸前の河川、土砂崩れ、通行止めの隙間をぬって「もう、ここしかない」というだれも知らないようなマニアックなコースを走り抜けました。
 診療所に着いたときには、もう、今日の1日の仕事の8割くらいをこなしたような気分でした。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名田庄から脱出!

30日の道路は大変でしたね。私たちは、先生と反対で、名田庄を出て、大阪に行かねばならなかったので、あれこれ模索して、お昼から、梅街道・北陸自動車道・名神高速・京滋バイパス・第二京阪道路をひたすら走ってやっと、大阪に着きました。その距離・250キロでした。先生は皆のために、一生懸命走られましたが、私たちは遊びの為なので、比較にはなりませんが。強烈な1日でした。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP