プロフィール

natasho

Author:natasho
国民健康保険 名田庄診療所
中村伸一


施設名称 :
国民健康保険名田庄診療所
開設年月 : 1955年7月
所在地 :
福井県大飯郡おおい町名田庄下6-1
管理者 : 所長 中村伸一
診療科目 :
内科、胃腸科、消化器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、皮膚科
併設施設 :
「あっとほ~むいきいき館」内に、診療所のほか、歯科診療所、訪問・通所介護事業所、国保総合保健施設、住民のための多目的室、町役場の支所などを併設。



すべて手書きの電子カルテ ドクターボード
電子カルテのドクターボード
医療施設向け紙カルテ同様の手書き入力可能が導入されているポイント

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成21年10月27日(火)22時~、「プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送が決定しました。

 今回は、前回(1月13日)よりも4分間長い番組となっています。よーく視ると、前回との違いがわかるかもしれません。おそらく、スタジオ収録分が追加されたのではないかと想像します。

 どこがどう違っているのか?、当日の放映を私も楽しみにしています。

コメント

幸せ☆健康ソムリエ

仙台の白戸良幸です。7月4日の3人の中村伸一さんの講演トークライブ参加させていただいていました。感謝☆自分は2008年3月まで障害児学級の担任でした。自分の夢は障害のある子どもとお母さんお父さんに夢を持ってもらいわくわく幸せに生きてほしい。魔法の質問のツールと本物研究所のライフカラーカウンセラーのツールを使い健康幸せになるきっかけをギフトしていくことです。山口の中村伸一さんが夢実現のプロジェクトを募集しているので覚悟して応募しようと思います。感謝☆

早速

東京在住です

放映を観させて頂いてます

途中のエピソードを聴いて泣きそうになりました

はじめまして
今夜、初めて『プロフェッショナル仕事の流儀』をみて涙が止まりませんでした。
不思議な縁ですが、7年前になくなった父が
生まれた小浜市の近くだったことを思い出しました。先生のような方がお医者様でいてくださることが嬉しくて思わずコメントしました。また、ここのブログに遊びに来ますね。

放送見させていただいております

現在鯖江で入院中の病室から見ております。
今まで医者に対するイメージが一変しました。先生のような方がおられる地域の方々は本当に幸せだと思います。6月に亡くなった父の最後を思い出してしまいました。ご自身のおからだも大切にがんばってください!

感動しました。

中村先生

この特集をみて、私も涙がとまりませんでした。

「病を診るのではなくて、人を診る」という言葉(間違ってたらごめんなさい)をはじめ、先生の生き様には深く尊敬の念をいだきました。

私の将来の夢は、生きることが楽しめる、笑顔あふれる福祉施設をつくることです。

先生の更なるご活躍を陰ながら応援させていただきます。

何度見てもいい!!

名古屋の植村瑠美です☆

今日の再放送楽しみにしてました。
何度見ても感動します!!

さらに患者さんと「人と人として」関わっていきたいと感じました!
明日は患者さんと一緒にどんな新しい発見ができるか楽しみになってきました。
私のような栄養士を頼りにしてくれる方のために、明日からもがんばります!
ありがとうございました☆

中村先生、

同じく放送を拝見いたしました。
大変感動をいたしました。沢山×②涙しました。同感いたしました☆
私は介護家族ですが、先生と同じように診ててくださる往診の先生が、私の住む地域にもおります。
介護する側にとっても、介護者にとっても、いざというときの往診ドクターは本当に頼りになります。言葉では伝えられない位に大変ありがたいものです。いつも感謝しております。
また、中村先生方のような先生方がおられるから安心して在宅介護が行えるのです。
どうか、これからも心優しい温かい地域のみなさまのためにも、がんばられていただきたいと思います。

今後も、在宅医療の発展へ向け先生のご活躍を期待しております。

すごい!

途中からのテレビ視聴だったので どこで診療なさっているの分からなくて すぐインターネッとで調べました。なんと 我が福井県 感動です。今 小さなNPOの介護予防施設を運営していますが ヒントを沢山頂きました。
今後のご活躍応援しています。

僕の夢です。

放送を見て感動しました。僕は、北海道在住の高校3年生で、来春北海道旭川医科大学を受験する予定です。


自分は、「Drコトー」のような医師を目指したいと考えています。 しかし、実際に先生のような医師がいらっしゃるとは全く知りませんでした。
今回の放送を見て、先生はまさに「Drコトー」であると実感しました。
そして、僕も先生のような医師を目指したいと強く思いました。


いつか僕が医師になったときに、是非一度お会いできれば幸いです。


頑張ってください。応援しています。

僕は先生よりも北に住んでいますので、「北のDrコトー」になりたいと思います(笑)

拝見しました!

はじめまして。たまたまつけたテレビで放送
を拝見しました。
色々なことを考えさせられました。
「仕事」のこと。「生きる」ということ。
ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

本当にとても感動しました・・・。
いろんなことが心に伝わってきました。
頑張りたいと思えました。
先生みたいな人になりたいです。
ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

エネルギーをいただきました!

今日のテレビ放送を見て、
かなり心打たれました。

私は仙台の特養で相談員をしていますが、
「病ではなく人を診る。」
という言葉に日ごろの自分を振り返り、
はっと気付かされました。
中川先生や地域の方々の懸命に生きる姿に、教えられるものがたくさんありました。

一人はみんなのために
みんなは一人のために
お互いがあるからこそ
お互いが生きることが出来るんだ、と

そう思いました。

私も自分なりに出来ることを追求し続け、
信じて頑張っていきたいと思います。

貴重なメッセージありがとうございました!

中村先生も身体にはお気をつけて頑張ってください。
仙台から応援しています!

素敵です

テレビ拝見しました

おおい町の方は幸せですね。

「こんなこともある お互い様」なかなか、命がかかった場面では言えない言葉だと思います。

今は、医療現場に限らず、何かあればすぐ裁判とか責め立てることに心が向ってしまい、一緒に考えたり、乗り越える関係が作りにくくなっているように感じます。そんな中、若い人たちが育つ土壌があることも素晴らしいと思いました。

テレビではさらっと流れていましたが、日々息つく暇もないことと思います。

どうぞこれからもお体に気をつけて、地域の方たちに安心を広げていってください。

先生の姿勢、見習いたいと思いました。
ありがとうございました。






感動しました

10月27日のNHK「プロフェショナル仕事の流儀」を拝見しました。
中村先生のお仕事ぶりに、ただただ感動するばかりです。
これからも、地域の方々のために頑張って下さい。
私の応援ブログです。

http://stars-treasure.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/10/post_c0e8-1.html

テレビを

プロフェッショナルを見ました。
感動だらけでした。

先生の血液型は何型ですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も、拝見いたしました。

中村先生へ。

はじめまして。
このようなブログのコメント欄?に初めて書かせていただきます。実は先ほど偶然『プロフェッショナル』を拝見し、途中からだったのが残念ですが、先生の患者に向き合う真摯な気持ちに心打たれ、また胸に ぐぐっ っとくるお言葉に大切な何かを教えられた気がします。
おもわず携帯で先生のブログを検索し発見してしまいました。
いてもたってもいられず、コメントが書きたくて、こちらに登録までしてしまった次第です(^_^;)
自分は本当に看護師としてやっていけるのか…ここ数年悩むこともありましたが、原点に戻り明日からまた しっかりしなくては。
もっと先生のお考えやお話しが聴きたかったです。
また先生のブログ、のちほど拝見させていただきます。ありがとうございました。

おはようございます。

おはようございます。
夜は10時を過ぎる前あたりから いつも
眠くなってしまうのですが 寝ようとしたら
家族から「中村先生の番組があるんだろう」と言われて そうだ!と思ってテレビを観ました。桜のお話 こんなふうに私は思っていました。中村先生は 満開の桜を見せたかったという思いがあったのだと それも
中村先生の優しさだったんだと思います。
亡くなる方が 最後に人の優しさを受けていけることは 素敵なことだと思うし
私も優しさを持てれる介護職にこれからもなっていきたいと思います。

感動しました。それと羨望と。

嫁と二人で拝見しました。
先生は羨ましい環境で仕事が出来ているのだなあと思いました。勿論、全ての患者さんと言うわけではないとは思いますが、互いの立場を相互に理解しあえ、かつ、互いの思いに応えようとする理想の環境。先生自身は、まだまだ・・・とお思いでしょうが、私たちからすると、理想の環境だなあと思います。患者と医者が互いに先生と思える、理想の関係。これからもより良い関係を構築できることを願います。そして、その関係がすこしでも私たちの周りにも築けるよう努力していきたいと思います。

拝見させていただきました

プロフェッショナル再放送を拝見しました。
中村先生ご自身もすばらしく感銘を受けたのですが、周りの在宅を支えているスタッフの皆さんの姿勢、技術の高さもすごいのだろうと感じました。なにより、その体制を構築してきたことを尊敬します。
私は以前に急性期病院に努めていました、現在はこれからの歩む道を模索していますが、先生のような生き方ができればステキだなと、改めて自分と向き合うことができそうです。
私の友人で地域医療を目指して飛び立った医師がいます。医師としてだけではなく人間として尊敬できる…そんな人も意外と身近にいるもので、まだまだ日本の医療も捨てたもんじゃないですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

感謝♪

中村先生

昨夜の放送を高校3年の息子と拝見しました。
今、息子は自治医大の受験に向け励んでいます。
オープンキャンパスでいただいた
「Dr.ジチ 医療の谷間に灯をともす人々」の136ページを開きながら
試験勉強よりも大切な時間だと言いながら感動しておりました。

母である私は中村先生と同世代・・・
常にご自身と闘っておられるお姿に勇気をいただき、立場は違いますが
自分に課せられた役目を全うしようと改めて誓うことができました。

先生の更なるご活躍をお祈りしています。


先生のようなお医者様に診ていただきたかったです。
納得のいかないまま、言われるがままの治療は後悔することも多い気がします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

感動しました!

中村先生

高知の薬剤師の川添と申します。

あまりの感動に涙が止まりませんでした。

病ではなく人を診る、
患者の人生に併走するのが在宅医の仕事、
患者さんそれぞれの人生の楽しみを奪わないような指導・・・

すべて心に染み渡りました。

見習います。
そして薬剤師としてできることを全うします。

ありがとうございました!!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ラスト・メッセージ

はじめまして、小笹優子と申します。

茂木さんのブログで、プロフェッショナル仕事の流儀」の再放送が決定したことを知り、再放送を見ました。

先生が最後に

「プロフェッショナルとは、
逃げられない困難な状況にあっても、それを宿命として受け入れる。なおかつ、時としてそれをプラス思考にして、楽しんでいく。」

とおっしゃってましたよね。

私はこの言葉に感動しました。

私は脊髄小脳変性症という神経難病患者です。でも私はこういう人が聞けば悲しくなるような難病を患っていても、それを受け入れて、毎日楽しく暮らしています。

まさに、中村先生がおっしゃってたプロフェッショナルな考えかたが私にはあります。

私の病気は遺伝性です。福井生まれの曾祖母からの遺伝です。何かあるとしか思えなかった番組でした。

私はたとえ障害を持っても明るく楽しく生きられるんだということを訴えたくて本を書きました。

先生に読んでいただきたいのでお送りします。

是非お読みください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ただ、

ただ、感動しました。


先生、
頑張って!!

感動です

夜更かしをしていたところ、プロフェッショナルの再々?放送をしておりまして、中村先生のことを知りました!
感動を伝えたく、おもわずコメントをしてしまいました!
とにかくこんな先生が東京にも居てほしい!もしくは、名田庄に引っ越したい!と思いました笑。地域医療の医師と、専門医の違いを、患者さんんの人生の縦の時間軸を使って説明されていましたが、私達が欲してやまないお医者様というのは、まさしく、体全部と、目に見えない気持ちを診て下さるお医者様なのです。どうしてか、そういう事を大事と考えていない医療現場が多いような気がしてなりません。体は全部つながっているのに。。。
知人がヘルニアの手術を終えて、痛み止めの副作用で苦しんでいる横で、外科医は自分の仕事は終わりと、その症状に全く気を止めていない姿を見た時に、ひどい世の中になったなと思いました。
手術の後のケアーも仕事だろーーー!と叫びそうになりました。

先生のような先生がもっともっと増えますように、応援して祈っています。

そしてお弟子さんを東京に派遣してください!

放送を観て。

先生、さきほど放送を拝見しました。
再々放送だったのでしょうか?

いずれにしてもたまたま放送を観て、本当に感動しました。
先生の頑張りと、地域の人たちの優しさに。

仕事柄、人間の嫌な面ばかりを見ているものですから、
どんどん人間不信に陥っていたのですが、
放送では人の原点、あるべき姿を見せてもらった気がします。

患者さんに頼りにされ、不安を感じさせないように笑顔で接している先生はとても素敵でした。

本当に感動しました。ありがとうございました。

はじめまして。

明日は仕事が休みだから夜更かしをしようと、たまたまテレビをつけていて
「笑・神・降・臨」を観ていました。
そして番組終了後、そのままつけていたら「プロフェッショナル」が始まり、
先生と出会いました。

上手く言葉では言い表せませんが、心に残るものをたくさんいただきました。
その思いを伝えたくて、パソコンに向かった次第です。
こんな時間になってしまい、明日が休みでよかった・・・と。^^
でも、この時間も、もしかしたら携帯電話を気にしながら先生は夜を過ごしているのでしょうね。
寒くなりましたので、お身体に気をつけて、ご活躍ください。
応援しています。
そして、先生から感じたものを、私も仕事の現場や生活の中で活かしていきたいと思います。


仕事をやめて地方に戻る・・・

[NHKプロフェッショナル仕事の流儀」を拝見しました。中村先生の人の心に対する謙虚さが伝わってきました。そして、それこそ大切にすべきことと、医療を通して人の心に勇気を持って立ち向かっている姿に胸を打たれました。私は東京での仕事をやめて地方に帰るかどうか迷っています。一旦は本当に大切な両親、友人のためにエネルギーを費やそうと決めたのですが、邪念が働き身動きが取れなくなってしまいました。中村先生のような勇気がもてたら・・と思います。
中村先生の講演など拝聴できる機会がありましたら必ず伺います。    れいこ

自治医大

以前、自治医大の近所に住んでました。保健衛生協会(現健康づくり事業団)に2年程勤務してた事あって大学病院や大宮医療センターにも行きましたね。自治医大の卒業生や勤務医(桃井教授も若い頃ヘルプで移動健診に来てました)ともご一緒させて頂きました。テレビ見ました。10年近く前に自治医大の幹部に僕が同じ様な話をしてた事を思いましたね。中村さんが病ではなく人を診るって。医師の基本中の基本を知ってる医師が日本にもいたんだって。嬉しかったですね。僕は、医師ではありませんが保育や介護が専門なので年輩の医師や看護師に偉そうな事を言ってなって(笑)。免許の種類は、違うかも知れませんが保育や介護もその人(乳幼児含む)の尊厳や生活環境(家族構成や地域)、生き方や性格にあった接し方を心がけてました。病院の総務にいた時もよく往診に付き合いました。医師にしか出来ない事、医師には、出来ない事、各分野の平等な相互関係や人間関係、チームワークが成り立たない限り日本の医療崩壊の歯止めは、かからない!中村さんには、日本の医療職が忘れかけていた【若い時よく年輩(おじいちゃん、おばあちゃん医師や看護婦とよく仕事したり、呑んだり麻雀してました)】事をもう一度眼を醒ましてくれるんじゃないか?そんな淡い期待を持ちました。どの業界も立場も人ありきだと思ってます。僕は、それが理想では無く当たり前だと思ってましたから!中村さんも御自分の健康にも留意してまったり懸命にご尽力下さい。僕の身内にも自治医大の卒業生がいるので誇りに思ってるかな?半分は、冗談でしたがセンター長、総務課長、医事課長にトップが馬鹿だとみんな馬鹿になっちゃうんだよって。言っちゃった事もありました(笑)。トップと末端の意見が上手く循環するといい医療って必ず成り立つと思ってます。

涙が出ました

はじめまして!
NHKのプロフェッショナル番組を見て初めて中村さんを知りました!


私は神奈川県でネイリストをしています。

たまに老人ホーム等でボランティアネイルをします


喜んでもらえるあの笑顔が見たくて、仕事休みにやっている活動です


中村さんのテレビで見た全てが一生懸命で、
『やるからには…』と自分の精一杯を出しているのを感じ、感動しました!!!!


感激で涙が止まりませんでした


私はまだまだなネイリストですが、心を豊にする事ができるような
ただただ綺麗にするだけでなく、人と人との繋がりを大切にするネイリストになりたいと
改めて思いました!


いつか…いつか中村さんとお会いできて
中村さんの患者様の心のケアのひとつとして
ネイルでボランティアさせて頂く事ができたら…
と図々しく思ってしまいました‥:★


本当にありがとうございました!!!!


多忙を極めているようで
お体がとても心配ですが
宿命の素敵な仕事の為
頑張って下さい!!

応援させて頂きます
(^-^)!


たまにblogにお邪魔します♪

PCのネットないので

携帯のブログでも見れるといいのですが(ワガママですみません)貧乏なのでケータイのサイトしかブログ見れないから。中村さんの考えは、業種問わず共通してる事がたくさんあるのでとても参考になります。僻地診療は、日本の農業を国内の作物の自給率を上げる為にも重要です。地産地消を日本国内でして行く事も重要課題ですよね。他人任せの風潮が食(介護も外国人に頼ってるし)の世界にも根深い問題を解決出来ずですね。昔、大宮の宇治医師が胃カメラを開発したり、ピロリ菌を解明したりと日本にも世界的な医療関係者、ベト、ドクちゃんの分離手術も自治医大病院にいました。技術革新は、世界的にトップクラスですが医療、福祉職の人間性やモラールは、大きく遅れてますね。過去の731やハンセン病、スモン病、薬害、肝炎、院内感染は、人的な犯罪だと思ってます。自治医大の記念棟を白い巨棟って自治医大の学生と冗談言ってます。実際、あのドラマって日常の出来事ですね。総務にいた時、患者さんやその家族、近所の方からよくお叱りをして貰ってました。医師中心の医療から患者中心に変換する必要を身をもって感じてました。医療の世界って閉ざされた空間って事を壊していかない限り医療問題の根本解決には、至らないと思います。医師を先生と呼ぶ習慣にも違和感かありますね。どうでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。

プロフェッショナル仕事の流儀で先生の仕事を拝見しました。
ちょうど自分のブログに書かせてもらおうと思って先生の名前で検索してみたら、
ここにたどり着きました。

僕は現在高知県で理学療法士の学生をしています。
来年にはこちらで就職したいと考えています。

僕は都会への進出をやめた時点で、
心のどこかで就職先ではでのほほんとしてればいいかと甘い考えでいました。
でも、あの番組で先生の熱い気持ちがとても伝わりました。
やるからには理想の地域医療。
やるからには理想のリハビリがしたい。
都会だけが主役じゃないんですね。
地方に暮らし、何かを心のどこかで諦めていた自分がひどく情けないものに感じました。
先生の舞台は今そこにあるのですね。
僕も自分の舞台で理想のリハビリを提供したい思います。

自分のブログにも先生を見て、感じたことを書いています。
お忙しいとは思いますが、見ていただけると幸いに思います。
先生の働きを応援しています。
でも、どうか無理はなさらないでください。
また来ます。

プロフェッショナル仕事の流儀を拝見しました。何度も何度も涙が流れてとまりませんでした。 若狭湾近くの実家を離れて現在千葉に住んでいます。できれば大好きなふるさとになにかできることはないかとずっと考えていました。 先生の生き様を拝見し、私の行くべき道も見えたような気がします。
ありがとうございます。
テレビで拝見しただけですが、人生観がかわるほどの感動を受けました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございましたm(_ _)m

プロフェッショナルを拝見させていただきました。
胸がいっぱいになり涙が止まらなかったです。
中村先生の言葉一つ一つ胸にささりました!
わたしは今まで何がしたいのか分からず悩んでいました。
だけども先生のテレビを拝見し先生に出会って看護師になりたいと強く心に決めました。先生のようには慣れないかもしれないですけれでもこんな私にでも誰かの支えになれるかもしれないと勇気を貰いました。言葉にするのは難しいですけれども大切なことや温かいものを貰いましたm(_ _)m
ありがとうございましたm(_ _)m
そして私事ですが先日に先生が多忙の中握手と写真を撮って頂いたものですm(_ _)m本当にありがとうございました!
看護師になっていつか先生の下で働きたく思います。
どうかお体だけは大切に無理をせずにこれからも親子共々応援していますm(_ _)m先生ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

腰を折るようですが

中村さんが医師として生きて来れたのは、貴方が幼い頃に出会った医師であり、自治出身の医師は、赤ひげになりたいってこんなに恵まれた現代社会に馬鹿じゃないのかって親馬鹿の様な医者馬鹿をやってる環境では無いでしょうか?早く結婚して家庭を持って医師をやらないと単に自己犠牲になりますよ。テレビに出た事は、批判は、しませんが今度出る時は、お父さんとして出て欲しい。僕は、お父さんになってから取材を受けました。

確か、ブログにもお書きになられていたと思いますが、テレビではご家族について触れなかった(映らなかった)だけで、中村先生はとっくの昔に既婚者でお子様もいらっしゃるそうですよ。独身だったらお嫁さんになりたいという候補者が何人も名乗りをあげたとか
。。。私も立候補したい?!

なるほど

自分は、子供の事考えると、ことなかれ主義に取り組む事に後ろめたさを感じますね。家族は、精神的な支えですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。