プロフィール

natasho

Author:natasho
国民健康保険 名田庄診療所
中村伸一


施設名称 :
国民健康保険名田庄診療所
開設年月 : 1955年7月
所在地 :
福井県大飯郡おおい町名田庄下6-1
管理者 : 所長 中村伸一
診療科目 :
内科、胃腸科、消化器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、皮膚科
併設施設 :
「あっとほ~むいきいき館」内に、診療所のほか、歯科診療所、訪問・通所介護事業所、国保総合保健施設、住民のための多目的室、町役場の支所などを併設。



すべて手書きの電子カルテ ドクターボード
電子カルテのドクターボード
医療施設向け紙カルテ同様の手書き入力可能が導入されているポイント

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

<はじまりは廃校利用の施設>
 平成3年10月、福祉バスの購入がきっかけで、村の保健・医療・福祉の関係者が集まって協議した結果、「健康と福祉を考える会」が結成され、デイサービスを開始することになりました。恐る恐る始めたデイサービスも徐々に利用者が増えてきて、さらには住民ボランティアの協力も得られ、軌道に乗ってきました。
 そのころ、デイサービスを実施していたのが、名田庄村老人福祉センターでした。この建物は、廃校になった小学校の校舎を増改築し、老人福祉に活用したものです。
 しかし名田庄村の場合、この廃校になった校舎をすぐに老人福祉センターに転用したわけではありません。廃校直後にこの校舎の住人になった人がいるのです。それがなんと、伝説のフォークミュージシャン高石ともやさんでした。彼のグループは「高石ともやとナターシャセブン」といいますが、このナターシャというのがロシア人女性の名前でないことは、もうおわかりですね。そうです。なたしょう(名田庄)をもじった表現なのです。

 さて、順調に軌道に乗ってきたデイサービスですが、実はここ老人福祉センターは、もともと老人会クラブ活動で元気なお年寄りが集う場所でした。そこでデイサービスを始めたことで、寝たきりで自宅に閉じこもっていたお年寄りも来ることとなり、久しぶりの再会で昔話に花が咲きます。さらに、少し若い世代のボランティアの方たちも入り込み、もちろん私たち保健医療福祉のスタッフもからんできます。自然な形で新たな交流が生まれます。
 そうこうするうちに、誰からともなく「みんなが集えて自然に交流できる場」がほしいという声がわき上がってました。
 当時、この老人福祉センターと診療所は1km、役場本庁とは4kmの距離がありました。車で走れば、すぐ着きそうな距離ではありますが、利用者とボランティアとスタッフには「もっともっとお互い近づきたい」という思いが強くなっていきました。
 ついには、デイサービス予行演習でみずから海パン1枚で実験台になった社会福祉協議会事務局長が決断しました。
「みんなの声を集めて、村長に直談判しよう!」
 健康と福祉を考える会で診療所・役場住民福祉課・社協の全職員で話し合い、ボランティアグループとも話し合った後に、「福祉の森検討委員会」と自分たちで勝手に名付けたあやしげな委員会の署名を持って、社協事務局長は村長に直談判に行きました。
 その翌日、私は村長に呼び出されました。行政職員である私が、上司である村長に直接ではなく、社協事務局長を通じて重要な案件を提出するのは掟破りです。その方が効果があると思い、そうしたわけです。しかし「やはり、しかられるか?」という重い気分で村長室に向かいました。
 
 村長は私を見るなり、笑いながら大きな声で言いました。
 「おー、ドクター。なんや、いっしょなことを考えておったかー。実はなぁー」
 村長は私のことを「ドクター」と呼びます。部下なのに「先生」と言うのも変だし、「中村」と呼び捨てにもしません。役職で「課長」とも呼ばれません。職種の方が呼びやすいのか、いつも「ドクター」です。
 話を聞くと、驚いたことに、村長も同様の計画を考えていたのです。村長は元はスーパーの経営者で、村会議員を経て選挙で当選し、公約は「福祉の村づくり」でした。
 ところが、福祉分野の出身でないため、具体的なことは他から聞くしかありません。そこで、村内の障害者団体や高齢者団体の代表、障害児を持つ親や有識者を集め、私的な諮問機関「福祉懇談会」を開いていました。そこでも、保健・医療・福祉の総合施設の必要性が議論されていたと言うのです。
 全く同じようなことを、職員の集まりである「健康と福祉を考える会」と村長の私的諮問機関である「福祉懇談会」の双方で議論していたのです。その偶然に、村長も社協事務局長も私も、本当に驚くとともに、この計画はぜひ実現しなければならないという思いをいっそう強くしました。
 数日後に、両会の全メンバーが集まり、助役を中心に保健医療福祉総合施設の建設チームが結成されました。
 
 その後、新しい施設の基本構想に1年間を費やし、徹底的に議論しました。   
 従来の公共施設の建設は、自治体トップとゼネコン業者が密室で打ち合わせし、コンペがあればいい方で、いつの間にか図面が出来上がり、その間スタッフと住民は何も知らされることなく工事はすすめられます。完成が近づくと「いよいよベールを脱ぐ」感じで、ようやく施設の全容が明かされる。トップダウンの進め方とはこのようなものでしょう。
 私たちの場合は違います。基本設計どころか、基本構想の段階から、スタッフも住民がも入り込んでいたボトムアップの手法といえます。
 
 長い議論の末、最終的には以下のコンセプトに集約されました。
*在宅ケアを支えるための拠点とし、入院・入所は広域で考える。
*病気・障害への対策だけでなく、元気づくり・健康づくりも行う。
*従来の役所的な用事があるときだけ利用する非日常的な施設ではなく、用事がなくてもつい立ち寄りたくなる日常的な施設をめざす。
*従来の公共施設にありがちな冷たさ・堅苦しさは排除し、あたたかい雰囲気をもった施設にする。

 具体的には、以下の点が施設の図面やその後の運営に大きく反映されました。
*玄関は一つにして、診療所の患者も、乳幼児健診に来る人も、健康教室に来る人もみんなが自然に交流するようにする。
*デイサービス利用者も、当然、正面玄関から堂々と入っていただき、他の住民や職員と顔をあわせあいさつできる関係にする。デイサービス室にバスを横付けして人の目に触れさせないようなことはしない。
*公共施設の事務所は入口の横にあるのが普通だが、監視されているようで住民にとって利用しにくい雰囲気になってしまう。そこで、事務所は奥に配置し、利用頻度の高い多目的ルームを玄関横に置く。
*館内の清掃を知的障害者の授産施設に委託し、日常から障害者との関わりをもつようにする。
 
 障害や病気の有無にかかわらず、全世代の人たちに自分の家のように使ってもらい、住民とスタッフがいっしょになって育てていく施設でありたいと、その当時も今も願っています。

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP