プロフィール

natasho

Author:natasho
国民健康保険 名田庄診療所
中村伸一


施設名称 :
国民健康保険名田庄診療所
開設年月 : 1955年7月
所在地 :
福井県大飯郡おおい町名田庄下6-1
管理者 : 所長 中村伸一
診療科目 :
内科、胃腸科、消化器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、皮膚科
併設施設 :
「あっとほ~むいきいき館」内に、診療所のほか、歯科診療所、訪問・通所介護事業所、国保総合保健施設、住民のための多目的室、町役場の支所などを併設。



すべて手書きの電子カルテ ドクターボード
電子カルテのドクターボード
医療施設向け紙カルテ同様の手書き入力可能が導入されているポイント

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨年度、委員として相当気合いを入れてかかわってきた国診協(全国国保診療施設協議会)版のエンディングノートである『生きて逝くノート』が国診協のホームページでダウンロードできるようになりました。
 多くの仲間と力を合わせてつくった力作です!
 http://www.kokushinkyo.or.jp/index//tabid/170/Default.aspx?ItemId=240

コメント

御礼

中村先生

5/31(土)全国理学療法学術大会in横浜でのご講演に参加させて頂き最後に質問をさせて頂いた内藤です。本当に素晴らしいご講演を聴かせて頂き、また未熟な質問にも関わらず真摯にお答え頂き誠にありがとうございました。

先生が一人のヒトとして、真摯に患者さんと向き合い、日々情熱を持って診療にあたられているお姿に大変敬服致しますし、今回のご講演を聴き改めて大変勉強になりました。

私自身、脳卒中急性期のリハビリテーションに携わることが多いですが、自力歩行できずに回復期病院に転院していった患者さんが、「内藤先生の顔を見に来た」「歩けるようになったから内藤先生に見せに来た」と言ってわざわざ会いに来て下さる時、この仕事をしていて本当によかったと感じています。ヒトとヒトですので、想いは伝わると思いますし、中村先生のように、どこまでも患者さんの側に立った医療を提供できるように努力せねばと日々思っております。

また、長い時間はかかると思いますが、いずれは先生のように地域医療に携わることができればと思いますし、今はしっかりと自分のスキル、そして人間力を磨いてまいりたいと思っています。

ご多忙の日々が続くと思いますので、体調管理には十分にお気を付け下さいませ。長文メール大変失礼致しました。

内藤善規
豊橋市民病院リハビリテーションセンター
理学療法士・呼吸療法認定士
名古屋大学医学部保健学科7期生
豊橋創造大学健康科学研究科修士課程1年在学中

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。