プロフィール

natasho

Author:natasho
国民健康保険 名田庄診療所
中村伸一


施設名称 :
国民健康保険名田庄診療所
開設年月 : 1955年7月
所在地 :
福井県大飯郡おおい町名田庄下6-1
管理者 : 所長 中村伸一
診療科目 :
内科、胃腸科、消化器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、皮膚科
併設施設 :
「あっとほ~むいきいき館」内に、診療所のほか、歯科診療所、訪問・通所介護事業所、国保総合保健施設、住民のための多目的室、町役場の支所などを併設。



すべて手書きの電子カルテ ドクターボード
電子カルテのドクターボード
医療施設向け紙カルテ同様の手書き入力可能が導入されているポイント

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 週刊文春8月1日号の155〜156ページに故・天沼寿子さんの著書『身ぎれいな終いじたく』に関する記事が載っていた。この本を編集したのは、『サヨナラの準備』(中村伸一・中村仁一著)の編集者でもあるメディアファクトリーの清水能子さんだ。清水さんへのインタビューも載っていた。
 天沼さんは、カントリーアンティークの草分け的存在だった。がんが再発したとき、治療するよりも、残りの人生を自分らしく生きることに専念する選択をした。それも“あり”だろう。
 “治療する”もよし、“治療しない”もよし。熟考した上での選択なら、それでいいのだ!
 順天堂大学スポーツ健康科学部の島内憲夫教授は、健康を「たとえ病気や障がいを持っていても、いきいきと生きている、生きようとしている状態」と定義している。この定義に従えば、天沼さんはがん末期状態の最期まで健康だったといえるのではないだろうか。
 天沼さんの生き方逝き方に寄りそい、ステキな本に昇華させた清水さんの編集姿勢もすごい!
 天沼さん、清水さん、すばらしい1冊をありがとうございました。
     身ぎれいな終いじたく

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。