プロフィール

natasho

Author:natasho
国民健康保険 名田庄診療所
中村伸一


施設名称 :
国民健康保険名田庄診療所
開設年月 : 1955年7月
所在地 :
福井県大飯郡おおい町名田庄下6-1
管理者 : 所長 中村伸一
診療科目 :
内科、胃腸科、消化器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、皮膚科
併設施設 :
「あっとほ~むいきいき館」内に、診療所のほか、歯科診療所、訪問・通所介護事業所、国保総合保健施設、住民のための多目的室、町役場の支所などを併設。



すべて手書きの電子カルテ ドクターボード
電子カルテのドクターボード
医療施設向け紙カルテ同様の手書き入力可能が導入されているポイント

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 厚労省の「専門医の在り方に関する検討会」で、19番目の基本領域として、総合的な診療能力を持つ医師を『総合診療医』とし、その専門医を『総合診療専門医』と呼ぶ方針でほぼ意見が一致したらしい。
 『総合診療専門医』って、なんか違和感あるな〜。この違和感って、いつか感じたことがあるんだけど。。。
 そうそう、『痴呆症』から『認知症』に名称が変わったときの違和感だ!『認知障害』ならわかるけど、『認知症』はおかしいと感じた。でも、時とともに違和感が薄らいだから、『総合診療専門医』も違和感がなくなるんだろうか?
 学会に属さず、専門医ももっておらず、学位もない僕は、そっちの方面に全く興味はないけど、この違和感を感じた原因を少し考えるとしよう。

 これから書くことは単なる“独り言”だから、だれかに同意してほしいわけでもないし、もちろん「世に問う」といった類いでもないからね〜。
 言葉の違和感って、どういったものなんだろう?
 例えば「ゴルフのレッスン・アマ」「大学を主席で中退」「カナダの密林王グレート・アントニオ」って、同じような違和感だ!
 レッスン・プロならわかるけど、アマは変だ。主席で卒業ならわかるけど、中退は変だ。力道山時代に初来日し、後にアントニオ猪木とも戦ったグレート・アントニオのキャッチコピーは『カナダの密林王』だったけど、カナダに密林(ジャングル)はありませんよ(笑)。
 『総合診療専門医』にも、似たような違和感を感じちゃうんだなー。

 だれからも認定されていないけど、自分のことを勝手に『総合医』だと思っていた。あやしげな自称『総合医』ということになるね。
 診療するだけが医者の仕事じゃないよねー。だから『総合医』って気に入っていた名称だ。
 実は『総合医』って、そんなに立派なものじゃないと感じている。もちろん、自分も含めて。
 「総合的に診ている」っていうことは、「総合的に見逃している」こともありうるんだねー。「いろんなことをやっている」けど、もしかしたら「いろんなことしかできない」ような器用貧乏の極みかもしれない(笑)。
 いわゆる『総合医』と『専門医』って、補完しあういい関係であるべきだけど、概念としては正反対だと思っていた。
 でも、専門医サイドから、「あなたも専門医にならせてあげるよ。でも、名称は『総合診療専門医』にしてね」と総合医が誘われたら、どうなんだろう?

 相撲とプロレスに例えようかな。
 相撲は国技であり、国営放送(NHK)で放映され、大手全国紙で報道される。
 プロレスは興行的、エンターテイメント的側面があるためか、NHKや大手全国紙では扱われない。
 相撲協会からプロレス団体に誘いがあったとする。「タイツの上にまわしを巻けば、土俵に上がっていいよ。そうすればNHKでも放映されるよ」
 まさに、『相手の土俵に上がる』とは、このことだ(笑)!
 そのとき、プロレスラーはどうするだろうか?たぶん人によって、選択肢は異なるだろう。
 僕なら、プロレスはプロレスでよいと考えるだろう。土俵にあがることは、ありえない。もちろん、まわしを巻いて土俵に上がるレスラーを批判するはずもない。人それぞれだから。
 だから僕は、『総合診療専門医』になるつもりはないのだ。

 専門サイドが、『総合診療医』や『総合診療専門医』という名称にしてくれて、かえってよかったような気がする。
 だって、その方がこれからも自称『総合医』を名乗れるからね。

 これでいいのだ!(バカボンのパパ風に)

コメント

こんばんは。
中村先生の違和感って、なんだか分かります。
これまで畑違いのものを合わせちゃった・・・と言う印象でしょうか。

なんでそんなことするんだろ?と思って、「専門医の在り方に関する検討会」で検索したらトップに厚労省のリンクがあり、そこに報告書なるものが。開いてみたら75ページ!うわっ

ざっくり読んでみると(全部は読んでません!^^;)42ページ以降に書いてありました。
う~ん、そういうことだったんですね。
卒前教育の量が増えている・・・

資料を読むと幾つかの意図が見えてきて、うまく書けませんが、高齢化社会への対応?ニーズの変化?などの背景があるのですね。
ところで“総合医の診療”(p46)を見たら、まさに“総合医”=“寄りそ医”ぢゃないですかっ!!
でも次のページ見たら何故か“総合医”のニュアンスが違う・・・なんで??

一次レベル“外来診療”が総合医、二次レベル“入院診療”や三次レベル“専門診療”は別分類→専門医?

確かに医師数多い都市圏などはそんなイメージかも。でも医師数少ない地域は違うのでは・・・。

都市圏では『専門』が“狭く深く”で、『総合』が“広く浅く”
地域では『専門』がいない(専門では追いつかない)ので、『総合』は“広く深く”・・・う~ん、都市圏の『総合』と分けて『スーパー総合』と呼ぶべきではないだろうか・・・なんて思いました。

結論として思ったことは、やっぱり中村先生は凄いなぁ。
努力の量がハンパないですよね。
それに何よりも患者さん志向で、若かりし時に患者さんからも薬の事を学び、プライドよりも大切にしているものがある。
カッコイイ!

中村先生レベルの医師は育つのだろうか?
先生を目指す医師の卵の人達って偉いなぁ。きっと覚悟が違うだろうな。
がんばれ!スーパー総合医を目指す医学生!
(偉そうなこと書いてすみません。。)

まさに総合医の先生、ありがとうございました。

お忙しい毎日、また頑張りすぎて
倒れないようにお気をつけ下さい(^_^)/~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。