プロフィール

natasho

Author:natasho
国民健康保険 名田庄診療所
中村伸一


施設名称 :
国民健康保険名田庄診療所
開設年月 : 1955年7月
所在地 :
福井県大飯郡おおい町名田庄下6-1
管理者 : 所長 中村伸一
診療科目 :
内科、胃腸科、消化器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、皮膚科
併設施設 :
「あっとほ~むいきいき館」内に、診療所のほか、歯科診療所、訪問・通所介護事業所、国保総合保健施設、住民のための多目的室、町役場の支所などを併設。



すべて手書きの電子カルテ ドクターボード
電子カルテのドクターボード
医療施設向け紙カルテ同様の手書き入力可能が導入されているポイント

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

 2016年9月9日、京都の早川一光先生のお宅に泊まらせていただいた。予想よりもずっとお元気な早川先生のお姿がうれしく、奥様もニコニコされていた。息子さん(岳人さん)ともビールをくみかわし、気持ちよく早寝した。
 9月10日4時、早起きしてシナリオをチェック。その後、岳人さんの奥さんからおいしい桃とお茶をいただき(午前5時すぎにガッツリは食べられない)、療養中の早川先生のピンチヒッターでKBS京都ラジオ『早川一光のばんさい人間』に。6時30分開始で8時に終了。これが5回目になる。竹上和見さん(フリーアナウンサー)のふり方にも少々慣れてきた。
 京都を離れ福井に向かう。本願寺福井別院(西別院)で講演。堅達俊英さん(ビハーラ福井理事長)のコーディネートで、臨床宗教師の田中至道さん(徳養会沼口医院)とパネルディスカッションでコラボ。田中さんは28歳のイケメンかつ人格者。僕が名田庄に赴任したときと同じ年齢だが、その当時僕はこんなに落ち着いていただろうか?彼より25歳年上なのに、チャラい自分が恥ずかしい。
 懇親会の後、大垣に戻る田中さんを堅達さんと見送りに。福井駅プリズム内のそば屋で2次会。パネルディスカッション第2弾みたいだった。
 長くて充実した1日だった。
  ビハーラ研修会

続きを読む »


 BLOG TOP