プロフィール

natasho

Author:natasho
国民健康保険 名田庄診療所
中村伸一


施設名称 :
国民健康保険名田庄診療所
開設年月 : 1955年7月
所在地 :
福井県大飯郡おおい町名田庄下6-1
管理者 : 所長 中村伸一
診療科目 :
内科、胃腸科、消化器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、皮膚科
併設施設 :
「あっとほ~むいきいき館」内に、診療所のほか、歯科診療所、訪問・通所介護事業所、国保総合保健施設、住民のための多目的室、町役場の支所などを併設。



すべて手書きの電子カルテ ドクターボード
電子カルテのドクターボード
医療施設向け紙カルテ同様の手書き入力可能が導入されているポイント

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 9月26日(土)15時〜、朱種(敦賀市横浜)で中村地域医療塾セカンドセッション(第2回)を開催します。今回はトリプルスピーカーです。
 山口有美さん(敦賀市役所)からは、フランス留学で学んだジェロントロジー(老年学・加齢学)と、その中でもフランスでの要介護高齢者の家庭受け入れや異世代ルームシェアのお話をうかがいます。
 福田裕子さん(エンパワーメントスクールソレイユ代表:理学療法士)からは、医療や介護の制度の穴をコミュニティーの中でどう埋めていくかというテーマでお話をうかがいます。
 私、中村伸一(おおい町国保名田庄診療所:医師)からは、ネットワークと社会について最近の話題を提供します。
 最後は3人というよりも参加者全員で、これからの日本の家族、地域社会、超高齢化時代の介護の問題を語り合いたいと考えています。
 家族形態が大家族から核家族に変わり、さらにはお一人様(単身世帯)が急増する日本において、私たちはどう考えどう行動すればよいのか?そのヒントを得られそうな今回の中村地域医療塾です。
https://www.facebook.com/events/745647135561928/
スポンサーサイト
 8月27日、後輩でかつて(平成11年度)名田庄診療所でいっしょに働いていた本馬徳人先生の開業1周年祝いの絵画を届けてきた。本当は開業の日に間に合わせたかったけど、海外からの搬送が遅れて間に合わなかったので、遅れに遅れてこの日のプレゼントになった。
 卒後3年目の彼とオープンしたばかりのあっとほ〜むいきいき館(名田庄診療所+総合保健施設)でいっしょに仕事していたのが昨日のように思い出されるけど、もう16年も経っていたんだな〜と、月日の経つ早さを実感。偶然だけど、たまたまそのころの写真がみつかった!
 医学生や研修医の彼らもあっという間に成長するんだろうな〜。そして僕はさらに年をとる。若い人たちの成長するのをみていけるのなら、年をとるのも悪くないか!
1

2


 BLOG TOP 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。