プロフィール

natasho

Author:natasho
国民健康保険 名田庄診療所
中村伸一


施設名称 :
国民健康保険名田庄診療所
開設年月 : 1955年7月
所在地 :
福井県大飯郡おおい町名田庄下6-1
管理者 : 所長 中村伸一
診療科目 :
内科、胃腸科、消化器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、皮膚科
併設施設 :
「あっとほ~むいきいき館」内に、診療所のほか、歯科診療所、訪問・通所介護事業所、国保総合保健施設、住民のための多目的室、町役場の支所などを併設。



すべて手書きの電子カルテ ドクターボード
電子カルテのドクターボード
医療施設向け紙カルテ同様の手書き入力可能が導入されているポイント

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近、新兵器を2つそろえました。
 デジカメとメガネです。
 メガネは15年ぶり、デジカメは5年ぶりの更新です。

 ふだんコンタクトレンズを使っているので、メガネは寝る前と起床直後にしか使用していませんでした。ところが、このところ、近くが見えにくくなってしまいました。そうです、老眼なのです(T T)。ドライブしていても、遠くの木々がはっきり見えるのに、近くが見にくいのです。
 実は、コンタクトレンズも遠近両用で、2年前に作ったのですが、それも合わなくなってきました。老眼がすすんだのでしょうね。コンタクトレンズを装着しながら、100円ショップのもっとも弱い老眼用メガネを使用していましたが、とうとうあきらめて、長距離運転以外の日常生活はメガネを使うことに決心しました。
 メガネスーパー二宮店で調整してもらい、中近両用のメガネをつくったところ、これがピッタシ!非常によく見えるのです。よかった~。メガネスーパーさん、ありがとう!

 デジカメも、今どきだれも持たない小さい画面の旧式でしたが、新しいデジカメは大きな画面です。これもよく見えて、使いやすいです。

 物持ちのいい僕が、なぜ一度に2つも新兵器をそろえたのか?それには理由があります。

 それはまた、次回に。。。

メガネMacデジカメ

 
スポンサーサイト
 9月14日、愛知医科大学での講義を終えて、まっすぐに名田庄に戻った理由は、ある方が名田庄に来ていたからでした。その方とは、プロフェッショナル仕事の流儀にも出演した義肢装具士の佐喜眞保さんです。
 http://www.cb-sakima.jp/
 http://www.nhk.or.jp/professional/2007/1113/index.html
 http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2007/11/post_8be2.html

 沖縄在住の佐喜眞さんと私のどこに接点があるのか? NHKの同じ番組に出たから? そんなことはありません。

 今から12年前にオープンした当施設「あっとほ~むいきいき館」の基本設計をしてくれたのが、自称にんべんのつく建築家、関原宏昭さんです。当時は渋谷に設計事務所を構えていたのですが、今は沖縄に移住して、一言では言い切れないユニークな活動をされています。
 http://gukuru.com/default.aspx

 その関原さんの紹介で、義肢装具士のプロフェッショナル佐喜眞さんが名田庄に来られたのです。

 この日の夜は、佐喜眞さん、関原さん、うちの診療所に来ている研修医たちと、料理旅館“新佐”で楽しい宴会でした。

 翌15日、膝は悪いけど手術するほどではない、あるいは手術したくないという約10名の患者さんに、佐喜眞さんの開発した装具(CBブレース)を装着してもらました。すると、あら不思議! 膝関節が曲がって、歩くたびにヒョコヒョコしていた人が、痛みなくスイスイ歩くじゃないですか!!
佐喜眞さんが言うには、すべての膝が変型した患者さんに有効というわけではないらしいのですが、少なくとも打ちにきた患者さんでは、元々の痛みが軽すぎて効果がよくわからなかった1名をのぞけば、ほおb全員が装着後に良好な歩行を得られ、装具CBブレースを希望されました。まだ試供品を使った段階でこの効果ですから、計測後にオーダーメイドしたものは、もっと効果があるでしょう。

 う~ん、これまでの装具に対する考え方が変わっちゃいました。恐るべしCBブレース。すばらしいです、佐喜眞さん!<写真左から、関原さん、徳永医師、佐喜眞さん、中村、真橋医師>

佐喜眞さんを囲んで
 9月14日、愛知医科大学で1年生対象の講義を1コマ担当してきました。
 自治医科大学、関西医科大学へ年1回講義に行きますが、愛知医科大学は初めてです。場所はというと、愛地球博が開催されたあたりなんですよね。
 http://www.aichi-med-u.ac.jp/

 講義は午後なので、少し早めに名田庄を出て、トヨタ博物館を見学。これがなかなか楽しくて、すっかりはまってしまいました。

 正午前に愛知医科大学に到着。迎えてくださったのは医学教育センターの福沢嘉孝教授でした。福沢教授は実に気さくで愉快な方でした。やっぱり教育者って、こうじゃなきゃね。広くて清潔な学生食堂で昼食をごちそうになりながら、打合せ。安くてボリュームがありおいしい、の前評判通りでした。

 13時からの講義の最初に「こんにちは」と挨拶したら、元気ある大きな声で「こんにちは!」と学生さんから返ってきました。これはとってもうれしかったです!講義は滞りなく終了。この後の武居光雄先生(諏訪の杜病院:大分市)の講義も聴きたかったけど、後の予定が入っているので、残念ながら逃げるようにして愛知医科大学を後にしました。
 来年も呼んでいただけるようなので、1年後の楽しみにとっておくことに。<写真は、 左から、中村、福沢教授、武居先生>

 さて、この後の予定とは。。。夜には、意外な人と名田庄で宴会することに。。。

20110914愛知医大て#12441;


 BLOG TOP 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。