プロフィール

natasho

Author:natasho
国民健康保険 名田庄診療所
中村伸一


施設名称 :
国民健康保険名田庄診療所
開設年月 : 1955年7月
所在地 :
福井県大飯郡おおい町名田庄下6-1
管理者 : 所長 中村伸一
診療科目 :
内科、胃腸科、消化器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、皮膚科
併設施設 :
「あっとほ~むいきいき館」内に、診療所のほか、歯科診療所、訪問・通所介護事業所、国保総合保健施設、住民のための多目的室、町役場の支所などを併設。



すべて手書きの電子カルテ ドクターボード
電子カルテのドクターボード
医療施設向け紙カルテ同様の手書き入力可能が導入されているポイント

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今から10年くらい前のこと、ある肺癌の患者さんを自宅で看取ったときのお話です。
 田中正志さん(78歳、会社経営)は、京都市内の病院に肺癌の末期状態で入院していました。ここ名田庄は、福井県でもっとも京都寄りに位置するため、京都市内の病院に入院する方も、少数ですがおられます。
 正志さんは、肺癌の発見から治療まで、ずっとその病院で受けていて、治療をやり尽くし末期の状態になってから、名田庄の自宅に帰ることとなったのです。
 病院の主治医から電話があり、これまでの経過と現状を聞きました。肺癌の末期で在宅酸素療法はセッティング済みであること、飲み薬の麻薬は十分量飲んでいるが今後も痛みが増えると予想されること、今はまだかろうじて歩くことができること、などでした。
 その中で私がもっとも驚き、しかも困ったのは、癌であることを本人に告知していないことでした。私の場合、ほとんどの患者さんにありのままを話します。しかし、前医が告知していないまま紹介されたケースでは、その後の告知に悩むこともあります。
 それと、もうひとつ大切なことがあります。なぜ、この段階で自宅に戻ろうとしたのか? という理由です。
 正志さんには近所のお寺を立派にするという長年の夢がありました。幼い頃に母親を亡くし、成長するにつれて仏門に傾倒するようになりました。本気で僧侶を目指そうとした時期もあったと聞いています。
 若い頃から会社を経営するようになり、いつのまにか正志さんはこのあたりでも指折りの資産家になっていました。会社も息子さんに譲り、悠々自適の老後を過ごしつつあったころ、近所のお寺の改修工事のために、多額の寄付をすることを決意しました。ちょうどその頃に病気がみつかったのです。
 寄付金をもとに工事の話はトントン拍子にすすみましたが、正志さんには病気との戦いの日々がつづきました。
 いよいよお寺の改修工事が最終段階にかかるころ、病状は日に日に悪くなっていきました。居ても立ってもいられなくなった正志さんは、ついに自宅に戻る決心をしたのです。肺癌の告知はされていなかったものの、日に日に悪化する病状に、我が身の最期を感じたに違いありません。
 正志さんが自宅に戻ったその日の往診で、私は肺癌であることを告知すべきかどうか、往診車のエンジンをかけハンドルを握ったときには、まだ決めかねていました。
 告知するのは私のやり方ですが、前の病院の医師も家族も、告知せずにうまく正志さんとの関係を築いてこられました。私が告知することで、これまでの関係性が崩れることを一番恐れたのです。
 結局、考えがまとまらないまま、正志さんの家の前に往診車は着いてしまいました。
 ゆっくりと家の中に入り、正志さんに初めて会いました。鼻から酸素を吸いながら、ベッドの端に腰掛けていました。呼吸苦がつづいたため、やつれた顔ではありますが、眼光は鋭く、いくつかの私からの質問にも大きな声で答えてくれました。
 型通りの診察を終えた後、迷ったあげくに、こんな質問をしてみました。
私「もしも今後、息苦しくなったり、痛みがひどくなったとしたら、また病院に戻りますか?」
正志さん「いや、何があっても、絶対に病院には戻らないよ!」
 その言葉に強い意志を感じ、私は右手を差し出しました。正志さんは私の右手を力強く握りしめ、堅い握手となりました。言葉はありません。でも、その中で。。。
正志さん「中村先生、最期まで頼んだよ」
私「わかりました、できるかぎりのことはやりましょう」
 そんな男と男の約束があったように感じました。これで「契約成立」です。
 今はインフォームド・コンセント(説明と同意)の時代です。検査するとき、手術を受けるとき、輸血するとき、あらゆる場面で丁寧な説明がなされ、細かなことが書かれた同意書を読んだ上で、患者側と医療側の双方がサインをします。このために膨大な時間が費やされ、山のような種類が積み上げられます。ひとつの医療行為に対して、副作用や合併症の危険性が次々と述べられ、患者側はどんどん不安になります。心から納得し同意したのではなく「儀式だから仕方なくサインした」なんてことも少なくありません。書類によるインフォームド・コンセントの根底には、患者側と医療側の相互不信があると言ったら言い過ぎでしょうか。
 正志さんと私の間には、書類らしき物はありませんし、言葉すらありません。けれども、あの握手以降、家族・スタッフを含めた私たちの関係は、問題がないどころか、非常に良好な状態で経過していきました。あたたかな信頼関係がベースにあったと思います。
 車椅子に乗ることができる間は、酸素ボンベを携帯しながら家族がお寺の工事現場につれだしていました。車椅子に乗れないほどに衰弱してからは、写真やビデオに工事の様子を撮影し、ベッドサイドで正志さんに見せていました。
 お寺の改修工事が完了し、その落成式の朝、正志さんは自宅で家族に囲まれながら、静かに息を引き取りました。
スポンサーサイト
 久しぶりに更新します。
 もともと筆無精(PC無精?)のため、なかなか更新できませんでしたが、ようやく日常が戻ってきましたので、ボチボチ更新していきます。
 この3週間ほどは、本当に忙しかったなー。

6/27 健康学習学会全国集会の準備会(船橋)
       9/26~9/27に行なわれる全国集会の準備会
6/28 武田薬品工業NPD研究会のモーニングワークショップの講師(お台場)
       朝早くからから医師相手にロールプレイを交えてのワークショップ
       休日の朝早くから参加された先生方、ありがとうございました
7/2  おおい町名田庄地区PTA主催講演会(おおい町名田庄地区)
       2900人の同地区で145人の集客
       2時間ぶっつづけの講演におつきあいいただき、ありがとうございました
7/4  3人の中村伸一 奇跡のシンクロニシティ・トークライブ(新宿)
       同姓同名というだけで四谷区民ホールを借りちゃっての講演会
       200名弱の方々が来られました
       やっていて、異常にテンションが上がりました!
       アドレナリン出まくり状態です!!
       中村伸一隊長(地球探検隊)、中村伸一所長(やまぐち総研)はステキな
       人たちでした エイチさん(ジーニアスファクトリー)、ありがとう!
7/5  あっとほ~むデッいきいき祭
       毎年恒例の当施設あっとほ~むいきいき館のイベント
7/7  関西医科大学 地域医療講義(枚方)
       学生時代(自治医科大学)の恩師、木原裕教授(現 関西医大物理学教授)
       招きで、大阪で初講義
7/10 厚生労働省 第11次へき地保健医療計画検討会(麹町)
       厚労省の会議に委員として出席(=初体験)
7/11 元気の素 リレーセミナー で講演(大阪市生野区)
       介護業界のカリスマ、上野文規さんの招きで実現 なんとこの方とは同郷
       前日の飲み会も含め、こちらが楽しませていただきました
       上野さん、高畑さん、下山さん、ありがとうございました
       丸山社長(メディコールジャパン)もありがとうございました
7/12 北陸三県国保地域医療学会(福井市)
       北陸三県で持ち回りで開催されている国保の診療施設の学会
       疲労はピークに達していましたが、内容の濃い演題が多く、テンションは
       高いまま終了しました
 
 今週は、落ち着いた日常に戻れそうです。ブログ、更新できるかな?(笑)
<中村伸一×3 奇跡のシンクロニシティ・トークライブ>
 いよいよ明日、この3人の中村伸一のトークライブがあります!おもしろい
企画で、もしかしたら、最初で最後の奇跡のライブになるかも!?
   中村伸一隊長(エクスプローラ) 地球探検隊隊長
   中村伸一所長(やまぐち総合研究所) ビジネスプロデューサー
   中村伸一院長(名田庄診療所) 医師

 日 時  7月4日(土)11時00分~16時00分
 場 所  四谷区民ホール
 主 催  ジーニアスファクトリー株式会社 代表取締役 高城永地氏
 詳 細  http://www.genius-factory.jp/event/3sn/index.html
 
   11:05  主催者挨拶(5分)
   ---------------------------------------
   11:10  【隊長】講演(45分)
   ---------------------------------------
   11:55  お昼休憩(50分)
   ---------------------------------------
   12:45 【所長】講演(45分)
   ---------------------------------------
   13:30 【院長】講演(45分)
   ---------------------------------------
   小休止(10分)
   ---------------------------------------
   14:25  パネルディスカッション(80分)
        会場からの質問を3人の中村伸一が答えます!
   ---------------------------------------
   15:45  主催者、高城永地さん閉会挨拶(15分)

 BLOG TOP 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。